タクボンのお遍路日記

2016年:車で逆打ちで遍路。2017~2018年:休日歩き遍路。2021年:自転車遍路の記録を残しています

2020-06-20から1日間の記事一覧

新四国曼荼羅 88番、21番 奥の院 黒滝寺

四国八十八ヶ所霊場 21番 奥の院新四国曼荼羅霊場 88番札所 山号:龍王山宗旨:古義真言宗宗派:高野山真言宗本尊:十一面観音御詠歌:うす雲に はるかに見ゆる 黒滝寺 瑠璃の岩間に 出(いづ)る加持水住所:徳島県那賀郡那賀町阿津江字黒滝山5 旧木沢村の…

新四国曼荼羅 72番 妙法寺

新四国曼荼羅霊場 72番札所 山号:宝珠光明山宗派:真言宗御室派本尊:阿弥陀如来住所:徳島県名西郡神山町上分江田1206 創建年は不詳。普寂が中興したと伝わる。雨乞いの寺として知られており、境内には強い水脈がある。新四国曼荼羅霊場の札所であり、毎年…

12番 奥の院 蔵王大権現

四国八十八ヶ所霊場 12番 奥の院 蔵王大権現 新型コロナウィルス対策による県をまたぐ移動の自粛が解除された事もあり、焼山寺の奥の院へ 奥の院は、焼山寺山頂上 (標高938m)にあります本堂とは約300mの高低差行き方がよく分からなかったので、納経所で訪ね…

新四国曼荼羅 73番 上一宮大粟神社

新四国曼荼羅霊場 73番札所 御祭神:大宜都比売命住所:徳島県名西郡神山町神領字西上角330 社伝によれば、大宜都比売神が伊勢国丹生の郷(現 三重県多気郡多気町丹生)から馬に乗って阿波国に来て、この地に粟を広めたという。 『延喜式神名帳』に記載され…

11番 奥の院

四国八十八ヶ所霊場 11番 奥の院 本尊:大日如来 藤井寺から焼山寺へ向かう遍路道 遍路道に入ると、すぐにミニ八十八ヶ所が始まる歩き遍路の時は、日が明ける前の薄暗い中を歩いたので奥の院がある事に全く気が付かなかった ここから伊予国 50番 繁多寺を越…

新四国曼荼羅 71番 報恩寺

新四国曼荼羅霊場 71番札所阿波西国三十三観音霊場29番札所 山号:速成山宗派:真言宗御室派本尊:愛染明王住所:徳島県吉野川市鴨島町飯尾728 創建は平安時代。境内には鎌倉時代末期から室町時代初期にかけて建てられた板碑があり、1981年(昭和56年)12月1…

10番 奥の院 八祖大師

四国八十八ヶ所霊場 10番 奥の院 八祖大師 「八祖大師」とはインドから中国を経て日本へと密教を伝えた正統の八人の祖師のこと 第一祖 龍猛菩薩(りゅうみょうぼさつ) 大乗仏教の大学者で、真言密教の奥義を感得したと伝えられる高僧。 第二祖 龍智菩薩(り…

新四国曼荼羅 76番 観音院

新四国曼荼羅霊場 第76番阿波西国三十三観音霊場 第6番 山号:雲龍山宗派:高野山真言宗本尊:十一面観世音菩薩住所:徳島県板野郡藍住町奥野字猪熊96 神亀6年(729年)、勝道上人によって創建。勝道上人が諸国巡錫の際に聖徳太子の仏法興隆の霊告をうけて建…