タクボンのお遍路日記

2016年、車で逆打ちで遍路。2017~2018年、休日歩き遍路で結願した時の記録を残しています

新四国曼荼羅霊場

新四国曼荼羅 9番 玉泉寺

新四国曼荼羅霊場 9番87番 奥の院 山号:霊雲山宗派:天台宗山門派本尊:日切地蔵菩薩ご詠歌:もろ人の 願いをかくる 地蔵尊 日切の誓い あらたなりけり所在:さぬき市造田宮西1022-2 寺伝によれば、平安時代初期の弘仁5年(814年)に空海(弘法大師)が、…

新四国曼荼羅 56番 石見寺

新四国曼荼羅 56番四国88ヶ所霊場 39番 元札所 山号:浄瑠璃山院号:東光院宗派:真言宗豊山派本尊:薬師如来ご詠歌:いくたびも まいるこころは 石見寺(いしみでら) 瑠璃の光も あらたなるらん住所:高知県四万十市安並4288 往古は四国八十八ケ所霊場の随…

新四国曼荼羅 55番 鳳彩寺

山号:栄松山宗派:曹洞宗本尊:如意輪観世音菩薩ご詠歌:父母の恵みも深き 鳳彩寺参りて拝む南無観世音住所:高知県宿毛市小筑紫町伊与野474 宿毛湾を臨み、南へ下った小筑紫の山麓に天満宮がある。延喜元年(901)大宰府に配流となった菅燥道真公が漂着した。…

新四国曼荼羅 10番 自性院

正式名:微雲窟 自性院 常楽寺宗派:真言宗善通寺派本尊:不動明王住所:香川県さぬき市志度1105 志度寺の塔頭である自性院の御本尊は不動明王であるが、正面は弘法大師をまつっている。これは、本堂の場所は、元志度寺の御影堂の跡とも伝えられている。自性…

新四国曼荼羅 11番 田村神社

新四国曼荼羅 11番 田村神社83番 元札所 正式名:讃岐国一宮 田村神社主祭神:倭迹々百襲姫命 倭迹迹日百襲姫命(やまとととひももそひめのみこと)・五十狭芹彦命(いさせりひこのみこと)(別名 吉備津彦命(きびつひこのみこと))・猿田彦大神・天隠山命…

新四国曼荼羅 14番 観音寺

山号:綾艮山宗派:真言宗御室派本尊:十一面観音菩薩ご詠歌:誓ひおば 千尋の海に たとふなり 露もたのまば 数に入りなむ住所:香川県坂出市高屋町879 観音寺は、崇徳上皇の菩提を祈るお寺で、本尊十一面観音は上皇生前の御念時仏 五色台山麓、坂出側からの…

新四国曼荼羅 13番 鷲峰寺

新四国曼荼羅 13番 鷲峰寺82番 奥の院山号:圓通山宗派:天台宗本尊:千手千眼観世音菩薩御詠歌:鷲の山 谷の流れも 松風も 御法の声と 聞くぞうれしき住所:高松市国分寺町柏原632-3 寺伝によれば、奈良時代の天平勝宝6年(754年)唐僧・鑑真により建立され…

新四国曼荼羅 12番 菩提院

山号:五池山院号:菩提院宗派:真言宗御室派本尊:阿弥陀如来ご詠歌:住所:香川県綾歌郡綾川町北1033-1 古来よりこの岡には、地域の祖先の霊が鎮まり、一体を治めた富豪の墓「延命古墳」が残されている。又、今より1100年前、菅原道真公は讃岐の国司に任ぜら…

新四国曼荼羅 15番 顕正寺

新四国曼荼羅 15番 顕正寺 山号:藤井山院号:九品院宗派:真言宗大覚寺派本尊:大日如来ご詠歌:住所:香川県丸亀市土居町2丁目10-9 丸亀城の濫膓は慶長二年に起った。生駒親王が入封し、五年の歳月をかけて完成した。その嫡男一正の代に一国一城制の武家法…

新四国曼荼羅 16番 松尾寺

新四国曼荼羅 16番 山号:象頭山宗派:高野山真言宗本尊:釈迦如来所在:香川県仲多度郡琴平町九七三 金毘羅とは、蛟竜などに訳される梵語「クンピーラ」の音訳で、実際にはワニであり、水神として尊崇された。開山は大宝年間、神変大菩薩といわれ、その霊験あ…

新四国曼荼羅17番 仏母院

新四国曼荼羅霊場17番 山号:八幡山宗派:真言宗 醍醐派本尊:大日如来所在:香川県仲多度郡多度津町西白方535 仏母院は、空海(弘法大師)の母、玉依御前(たまよりごぜん)の屋敷跡と言われる。玉依御前がこの地の産土神熊手八幡宮の八幡神に祈りここで空…

新四国曼荼羅 18番 善性院

新四国曼荼羅霊場 18番 山号:七宝山宗派:高野山真言宗本尊:薬師如来所在:香川県三豊市詫間町詫間3676 荘内半島の頭に位置した詫間は、海岸美に富み、そこかしこに浦島太郎の伝説がある。その昔、政治・経済の中心地として栄えた集落に善性院がある。地元…

新四国曼荼羅 20番 延命院

新四国曼荼羅霊場 20番 延命院 勝楽寺 山号:七宝山院号:延命院宗派:真言宗単立本尊:釈迦如来所在:香川県三豊市豊中町上高野858 当地は上高野城岡と言い、石器時代より肥沃な田園が広がっていた。古来よりこの岡には、地域の祖先の霊が鎮まり、一体を治め…

新四国曼荼羅 19番 宝積院 妙音寺

新四国曼荼羅霊場 19番70番奥の院四国三十六不動30番 山号:七宝山院号:宝積院宗派:真言宗 大覚寺派本尊:阿弥陀如来(国の重要文化財)所在:香川県三豊市豊中町上高野1986 寺伝によれば、飛鳥時代天武天皇治世の白鳳5年(665年または676年)に創建された…

新四国曼荼羅 23番 琴弾八幡宮

新四国曼荼羅霊場 23番68番 元札所 社伝では、大宝3年(703年)3月、琴弾山で修行していた日証上人が八幡大菩薩の乗った船が近くに漂着したのを見つけ、里人とともに船を山頂に運び祀ったのに始まると伝える。そのとき、船の中から琴の音がしていたことから…

新四国曼荼羅 21番 伊舎那院

新四国曼荼羅霊場 21番 山号:北田山宗派:真言宗単立本尊:如意輪観世音菩薩所在:香川県三豊市財田町財田中4258 当山は聖徳太子の開基と伝えられ、中興は弘法大師の法孫にあたる聖宝理源大師、本尊は等身大の六臂の聖如意輪観世音菩薩、安産子授けの霊験あ…

新四国曼荼羅 22番 密蔵寺

新四国曼荼羅霊場 22番 山号:瑠璃山宗派:高野山真言宗本尊:薬師如来所在:香川県三豊市財田町財田3370 当山は聖宝理源大師が開かれ、御本尊薬師如来様は恵心僧都の御作と伝えられており、財田薬師(たからだやくし)と愛称され、厄除け、病気平癒、寿命長…

新四国曼荼羅 70番 東福寺

新四国曼荼羅霊場 70番 山号:五剣山院号:宝光院宗派:真言宗御室派本尊:不動明王所在:徳島県美馬郡つるぎ町貞光字木屋341 縁起では、神亀元(724)年 忌部大祭主玉渕宿祢が忌部神社の法楽として、法福寺を建立、さらに、東寺、西寺を建て、後東寺を東福寺…

新四国曼荼羅 69番 神宮寺

新四国曼荼羅霊場 69番 山号:龍頭山院号:医王福院宗派:真言宗御室派本尊:薬師如来所在:徳島県美馬郡つるぎ町半田東久保884 寺伝によると、724年(神亀3年)に美馬町の中鳥に忌部神宮寺として創建。その後、西地に移転し、1754年(宝暦4年)に火災の為に…

新四国曼荼羅 68番 願勝寺

新四国曼荼羅霊場 68番 山号:宝壷山院号:真城院宗派:真言宗御室派本尊:阿弥陀如来所在:徳島県美馬市美馬町願勝寺8 願勝寺は、寺伝によると奈良時代創建といわれる真言宗寺院であり、歴代守護や藩主などの厚い庇護を受け、郡内の出家諸式取締も務めた美…

新四国曼荼羅 67番 瀧寺

新四国曼荼羅霊場 67番 山号:萬念山宗派:真言宗御室派本尊:木造聖観音立像所在:徳島県三好市三野町大字加茂野宮1796 開創は天長年間(824年-833年)で、開山は空海、開基は小笠原長経とされる。阿波国守護の小笠原氏と、その後裔である三好氏代々の帰依…

新四国曼荼羅 66番 地福寺

新四国曼荼羅霊場 66番 山号:南前山宗派:真言宗御室派本尊:大日如来所在:徳島県三好市東祖谷菅生204 室町時代頃までは日の丸山の中腹坊の久保にあったと伝えられている。本尊は藤原期の作で町指定の文化財である。また、南北朝時代の大般若経600巻(10巻…

新四国曼荼羅 65番 願成寺

新四国曼荼羅霊場 65番 山号:紫雲山宗派:真言宗御室派本尊:釈迦如来所在:徳島県三好群東みよし町昼間3004-1 奈良時代、行基菩薩により開創されたと伝えれられ、下って戦国大名には四国中央部を支配した武将大西覚養公一族の信仰した寺である。大西氏の守…

新四国曼荼羅 64番 蓮華寺

新四国曼荼羅霊場 64番 山号:七宝山宗派:真言宗御室派本尊:十一面観音所在:徳島県三好市池田町ハヤシ120 奈良朝神亀年間、行基菩薩巡錫の砌、南山の山腹に小池ありて蓮華の咲くを見、聖地とし一仏を刻し草堂を建てたのが蓮華寺の源であると伝えられる。…

新四国曼荼羅 63番 長福寺

新四国曼荼羅霊場 63番66番 奥の院 山号:瑠璃山院号:医王院宗派:真言宗御室派本尊:薬師如来所在:徳島県三好市山城町大月297 当山は、瑠璃山医王院長福寺といい四国八十八ヶ所の六十六番雲辺寺奥の院である行基の開創と伝えられている。本尊は薬師如来で…

新四国曼荼羅 62番 持性院

新四国曼荼羅霊場 62番 山号:光明山宗派:真言宗御室派本尊:十一面観世音菩薩所在:徳島県三好市山城町上名1514 当寺の開基は不詳であるが、明治初年の「三好郡史」によると「御宇多天皇代(1274~1287)には当寺の三重塔は建築の壮大を以って有名なりしも…

新四国曼荼羅 61番 定福寺

新四国曼荼羅霊場 61番 山号:粟生山院号:歓喜院宗派:真言宗智山派本尊:阿弥陀如来所在:高知県長岡郡大豊町粟生158 寺伝では、聖武天皇の勅願により行基が神亀元年(724年)に開山されたとされている。本尊の阿弥陀如来の脇には薬師如来・地蔵菩薩が安置…

新四国曼荼羅 24番 宗林寺

新四国曼荼羅霊場 24番 山号:無量寿山宗派:真言宗大覚寺派本尊:阿弥陀如来所在:香川県観音寺市豊浜町大宇和田浜1289 宗林守は鎮守ノ森を境にしてあった。 平地の境内に白衣観音像が屹立し、台座に平和観音と刻む。作者は長崎に平和像を彫刻した北村西望…

新四国曼荼羅 25番 光厳寺

新四国曼荼羅霊場 25番 山号:大悲山宗派:高野山真言宗本尊:十一面観世音菩薩所在:愛媛県四国中央市金生町山田井1425 燧灘に面した川之江市の立地は、余生川の沖積平野が発達した所である。奈良時代、既に都から伊予同府に通じる太政官道が敷かれ、宿駅が…

新四国曼荼羅 26番 真観寺

新四国曼荼羅霊場 26番 山号:豊岡山宗派:高野山真言宗本尊:聖観世音菩薩所在:愛媛県四国中央市富郷町寒川山207 伊予三島の起こりは、その昔、越智玉澄が国同として下向したとき、大三島より大山祇神社を勧請したことに依る。 燵灘に面して開けた都ではあ…