タクボンのお遍路日記

2016年、車で逆打ちで遍路。2017~2018年、休日歩き遍路で結願した時の記録を残しています

新四国曼荼羅霊場

新四国曼荼羅 27番 新長谷寺

新四国曼荼羅霊場 27番 山号:豊岡山宗派:高野山真言宗本尊:十一面観世音菩薩所在:愛媛県四国中央市寒川町3214 今から約1200年以上も昔の西暦714年、西国第八番の長谷寺(奈良県桜井市)の本尊を造刻するにあたり、試(こころみ)に造られた6尺2…

新四国曼荼羅 28番 三福寺

新四国曼荼羅霊場 28番 山号:豊岡山宗派:高野山真言宗本尊:阿弥陀如来所在:愛媛県四国中央市土居町津根2041 はじまりは、弘法大師四国巡錫の砌、当地に立ち寄られた時、人々は大師に教えを伝い、その徳を慕って草堂を建立し礼拝するようになったのが始ま…

新四国曼荼羅 29番 明正寺

新四国曼荼羅霊場 29番 山号:龍宝山宗派:真言宗善通寺派本尊:聖観音菩薩所在:愛媛県新居浜市黒島二丁目7-70 1200年前、斉明天皇と大田姫(大海人皇子の妃)が船で九州行幸の途中、黒島沖で姫が産気ずかれこの地に上陸、黒島神社に祈念すると皇女を出産さ…

新四国曼荼羅 30番 萩生寺

新四国曼荼羅霊場 30番 山号:白王山宗派:高野山真言宗本尊:聖観音菩薩所在:愛媛県新居浜市萩生2635番地 建久年間 (1190 – 1199) に、後鳥羽上皇の勅願によって建立された。本尊は快慶作と云われている。萩生治郎丸本田に創建されたが、天正13年兵火によ…

新四国曼荼羅 31番 王至森寺

新四国曼荼羅霊場 31番 山号:法性山宗派:真言宗御室派本尊:大日如来所在:愛媛県西条市飯岡3021 寺伝によると、舒明天皇(じょめいてんのう・在位629~41)が道後温泉へ行幸の途中、燧灘で暴風雨に遭い、この時、森の中の寺で難を避けた故事に因み王至森…

新四国曼荼羅 32番 極楽寺

新四国曼荼羅霊場 32番(阿弥陀三尊)四国三十六不動尊霊場 23番(波切不動) 山号:九品山宗派:石鎚山真言宗本尊:阿弥陀三尊・石鎚蔵王大権現所在:愛媛県西条市大保木4-36 寺伝によると、西暦680年頃役の行者が石鎚山を仰ぎ見ることのできる龍王山に籠り、不…

新四国曼荼羅 33番 清楽寺

新四国曼荼羅霊場 33番四国88ヶ所 60番 前札所 山号:仏生山宗派:高野山真言宗本尊:阿弥陀如来所在:愛媛県西条市小松町新屋敷甲1876 聖武天皇の勅願、行基菩薩の開基、越智玉澄の開創とされる。 寺伝によれば、行基菩薩が当地を巡行した時、西方から光明…

新四国曼荼羅 34番 妙雲寺

新四国曼荼羅霊場 34番 山号:石鈇山院号:極樂院宗旨:古義真言宗宗派:高野山真言宗本尊:大日如来所在地:愛媛県西条市小松町妙口甲716 妙雲寺は、天平5年(733年)に石仙菩薩により開基された。その後、空海が巡錫し如来応現の霊地として横峰寺の前札所…

新四国曼荼羅 35番 実報寺

新四国曼荼羅霊場 35番 山号:聖帝山宗派:真言宗御室派本尊:地蔵菩薩所在地:愛媛県西条市実報寺甲758 真実報いのある寺というので、実報寺といい、聖なる帝(信仰深い天王)の勅願による寺というので山号を聖帝山というこの寺は道後温泉に湯治に来られてい…

新四国曼荼羅 38番 満願寺

新四国曼荼羅霊場 38番四国三十六不動尊霊場 21番弘法大師巡錫伊予二十一ヶ所霊場 4番 山号:金毘羅山宗派:高野山真言宗本尊:薬師如来所在:愛媛県今治市金治230朝倉下甲145 道慈律師は奈良の人で大宝元年(701年)遣唐使として中国に渡り三論の法を学び養老…

新四国曼荼羅 37番 法華寺

新四国曼荼羅霊場 37番伊予府中十三仏霊場 10番(阿弥陀如来石像) 山号:補陀落山宗派:真言律宗本尊:十一面観世音菩薩所在地:愛媛県今治市桜井甲243 奈良時代の天平13年(741年)、聖武天皇と光明皇后の勅願によって建立された伊予国の国分尼寺(法華滅罪…

新四国曼荼羅 39番 竹林寺

新四国曼荼羅霊場 39番 山号:五臺山宗派:高野山真言宗本尊:文珠菩薩所在:愛媛県今治市古谷甲1249 この寺は天武天皇の御宇、越智大領小千守興が願主となり、僧観量によって開基された。 はじめ毘盧遮那仏を本尊とし、真如坊と言ったが、聖武天皇の御宇、…

新四国曼荼羅 41番 光林寺

新四国曼荼羅霊場 41番四国三十六不動尊霊場 20番 山号:摩尼山宗派:高野山真言宗本尊:不動明王所在:愛媛県今治市玉川町畑寺530 大宝元年(701年)に文武天皇の勅を受けた徳蔵上人は白山権現(明治以降は白山神社と称する)を開基するとともに法相宗と三…

新四国曼荼羅 43番 蓮生寺

新四国曼荼羅霊場 43番 山号:青龍山宗派:真言宗醍醐派本尊:十一面観世音菩薩所在:愛媛県松山市猿川原甲289 延長元年(923年)、第60代醍醐天皇のとき、真如親王が来浴の際、この「花垣の里」に一堂を建立して善弘寺と称したもので、その後、河野通信が再…

新四国曼荼羅 44番 長楽寺

新四国曼荼羅霊場 44番 山号:栴檀山宗派:真言宗智山派本尊:阿弥陀如来所在:愛媛県松山市西垣生町1250 寺伝によれば天平宝宇四年 ( 760 ) の創立にして、 上古は門末寺院十一ヶ寺の本寺であった。 当初は東寺宝菩提院の末につらなっていたが、中古天正年…

新四国曼荼羅 49番 伊豫稲荷神社

新四国曼荼羅霊場 49番 主祭神:宇迦能御魂大神、爾々芸命、伊邪那美命、菊理比売命、大宮能売命社格等:県社所在:愛媛県伊予市稲荷1230 弘仁年間、伊豫国司が山城国伏見稲荷社より御分霊を勧請し祀ったと伝承される。仁平3年、朝廷より山城国稲荷社の荘園…

新四国曼荼羅 48番 称名寺

新四国曼荼羅霊場 第48番札所 山号:臨江山宗派:真言宗智山派本尊:阿弥陀如来所在:愛媛県伊予市上吾川1418 嘉祥3年(850)に宗貞により開基された。元々は上吾川松本の鷹爪にあったと伝えられる。称名寺文書は伊予市有形文化財に指定されており、水琴窟や夏…

新四国曼荼羅 47番 理正院

伊予十三佛 12番新四国曼荼羅霊場 47番 山号:東向山宗派:真言宗智山派本尊:大日如来所在:愛媛県伊予郡砥部町麻生393 当寺は大同年間(806年)今から約1190年前の国司と相図り堂守を建立本尊に大日如来座像を安置し東向山理正院有喜寺と称した。降って文治三…

新四国曼荼羅 45番 法寿院

新四国曼荼羅霊場 45番 山号: 養命山本尊:延命地蔵菩薩宗派:真言宗豊山派所在地:東温市西岡1402-1 新四国曼荼羅の御朱印 本堂の前に箱に入ったバインダーの御朱印があった

新四国曼荼羅 46番 香積寺(隻手大師)

伊予十三佛霊場 7番伊予十二薬師霊場 6番新四国曼荼羅霊場 46番 山号:瑠璃山宗派:高野山真言宗本尊:薬師如来所在:愛媛県東温市重信町田窪1504 香積寺は、通称 隻手薬師(かたでやくし)と呼ばれています。香積寺は、大同四年に弘法大師様によって創建さ…

新四国曼荼羅 36番 世田山 栴檀寺

新四国曼荼羅霊場 36番 山号:世田山宗派:高野山真言宗本尊:薬師如来所在:愛媛県西条市楠乙454ご詠歌:はるばると 登りて見れば 世田の山 瑠璃の光の 験(あらた)なりけり通称:世田薬師 伝承によれば、奈良時代の神亀元年(724年)に行基が四国を巡錫して…

新四国曼荼羅 40番 別宮 大山祇神社[55番 元札所]

新四国曼荼羅霊場 40番 主祭神:大山積大神社格等:大山祇神社 別宮、旧県社所在:愛媛県今治市別宮町3丁目6-1 社伝によれば、大宝3年(703年)、越智玉澄[3]が文武天皇の勅命により大三島・大山祇神社から祭神を越智郡日吉郷に勧請し、大山祇神社の別宮(地…

新四国曼荼羅 42番 遍照院

四国八十八箇所番外霊場新四国曼荼羅霊場 42番 山号:法佛山宗派:真言宗豊山派本尊:聖観音所在: 愛媛県今治市菊間町浜89 平安時代初期の弘仁6年(815年)四国巡錫中の空海(弘法大師)が、当地の峰に霊感を受けて聖観音を刻み寺院を建立した。これが当寺…