タクボンのお遍路日記

お遍路の事を綴っていきます

番外札所

新四国曼荼羅 56番 石見寺

新四国曼荼羅 56番四国88ヶ所霊場 39番 元札所 山号:浄瑠璃山院号:東光院宗派:真言宗豊山派本尊:薬師如来ご詠歌:いくたびも まいるこころは 石見寺(いしみでら) 瑠璃の光も あらたなるらん住所:高知県四万十市安並4288 往古は四国八十八ケ所霊場の随…

白皇神社

白皇神社:四国八十八箇所第三十八番札所金剛福寺の奥の院。元来は金剛福寺が創建されたとされる平安時代初期の弘仁13年(822年)に、白皇山真言修験寺として創建された。現在地の北方にある白皇山(標高433m)の山上にあって、白皇権現を本尊として祀ってい…

月山神社

番外札所 月山神社(守月山月光院南照寺) 住所:高知県幡多郡大月町月ヶ丘1443 白鳳時代、役の行者(役小角)が山中で三日月の霊石を発見し月夜見命、倉稲魂命を奉斎したことに始まる。その後、空海(弘法大師)が巡錫し、霊石の前で二十三夜月待の密供を行っ…

新四国曼荼羅 11番 田村神社

新四国曼荼羅 11番 田村神社83番 元札所 正式名:讃岐国一宮 田村神社主祭神:倭迹々百襲姫命 倭迹迹日百襲姫命(やまとととひももそひめのみこと)・五十狭芹彦命(いさせりひこのみこと)(別名 吉備津彦命(きびつひこのみこと))・猿田彦大神・天隠山命…

79番 元札所 白峰宮

保元の乱(1156年)によって讃岐国へ配流された崇徳上皇は、長寛2年(1164年)に崩御するまでの9年間を讃岐で過ごした。上皇の崩御後、遺体を当地の清水に浸しておいたところ毎夜この辺りから神光が輝いたことから、二条天皇の宣旨を受け長寛2年(1164年)に…

番外札所 金刀比羅宮

神仏習合により真言宗の象頭山松尾寺金光院となり、象頭山金毘羅大権現と呼ばれた。明治維新の際に神仏分離・廃仏毀釈が実施されて、神社本庁包括に属する別表神社、宗教法人金刀比羅本教の総本部となった。全国にある金刀比羅神社、琴平神社あるいは金比羅…

番外札所 砥石観音堂

讃岐三十三観音霊場 第十三番萬福寺 奥の院 大同3年(808年)、弘法大師が四国霊場第七十番札所の本山寺を建立するにあたり、その材木を集めていた際、なたや斧などが刃こぼれし伐採に困難を極めていました。行脚の僧が差し出した砥石で道具を研いだとこ…

新四国曼荼羅 33番 清楽寺

新四国曼荼羅霊場 33番四国88ヶ所 60番 前札所 山号:仏生山宗派:高野山真言宗本尊:阿弥陀如来所在:愛媛県西条市小松町新屋敷甲1876 聖武天皇の勅願、行基菩薩の開基、越智玉澄の開創とされる。 寺伝によれば、行基菩薩が当地を巡行した時、西方から光明…

伊予一之宮 大山祇神社

三島神社や大山祇神社の総本社であり、山の神・海の神・戦いの神として歴代の朝廷や武将から尊崇を集めた。大山積神を祀る代表的な神社ということもあり、山神社の総本社とされることもある。 境内には国の天然記念物「大山祇神社のクスノキ群」がある。また…

番外札所 小豆洗大師堂(あずきあらいだいしどう)

空海が水不足に苦しむ農民を哀れみ、小豆を洗った水を加持して清水を湧出させたと云われる霊跡である。 別の逸話として、寒い冬の夜、当地で野宿しようとした空海が小豆粥を炊こうとしたが水が無く楠の根元を杖で突き清水を湧出させた。 その泉が傍らにあり…

番外霊場 於久万大師堂

於久万大師堂(おくまだいしどう)は、大寶寺の境外仏堂である。 本尊は弘法大師。 御朱印は、44番札所 大寶寺にて。 伝承によれば、平安時代初期、弘法大師がこの地を巡錫中、山中を歩いて疲れたため休もうと一軒の民家を訪ねた。その家には”くま”という名…

番外札所 札始大師堂

47番札所 八坂寺・別格9番 文殊院と48番札所 西林寺の間にある「札始大師堂(通称)」 本尊:弘法大師 御詠歌:ありがたや 伊予の小村の 札はじめ 大師の光り あらたなりけり 文殊院から来ると、こんな風に見えてくる。 大師堂。 この大師堂は、天長元年に弘法…

番外霊場 臼井御来迎[道安寺]

弘法大師が老母の願いにより、臼の中に加持して五色の御光を影ぜられたという旧跡で、 透き通った水がいまも、こんこんと湧き出ている。 この湧き水の前で、一心に祈れば七色の輝きの中に諸仏の来迎(薬師如来・日光月光菩薩・十二神将・弘法大師)がおがめる。…

石清水八幡神社[57番 元札所]

57番元札所 石清水八幡神社。 明治の神仏分離で、別当寺の栄福寺が、札所に。 栄福寺の反対側からの参道から登る 階段は段差が大きく、笹の葉で埋もれていて、登るのに一苦労。 ↓境内 栄福寺へ続く参道。

新四国曼荼羅 40番 別宮 大山祇神社[55番 元札所]

新四国曼荼羅霊場 40番 主祭神:大山積大神社格等:大山祇神社 別宮、旧県社所在:愛媛県今治市別宮町3丁目6-1 社伝によれば、大宝3年(703年)、越智玉澄[3]が文武天皇の勅命により大三島・大山祇神社から祭神を越智郡日吉郷に勧請し、大山祇神社の別宮(地…

番外札所 青木地蔵堂

【2017年 歩き遍路】 菊間の太陽石油のコンビナートを越えて、登り坂を少し登ったところから、青木地蔵堂のほうへ降りる事が出来る。 ↓地蔵堂 地蔵堂の向かいには、宿泊可能な通夜堂があった。少し休憩しようかと思ったが、自転車の先客がいたのでパスした。…

番外札所 養護院(杖大師)

【2017年 歩き遍路】 養護院(杖大師)へは、県道179号線の伊予鉄北条バスターミナル手前の案内看板に従って脇道へ進む しばらく進むと養護院が見えてくる。 山門をくぐると本堂と大師堂がある。 本堂 大師堂 納経は自分で判を押す。 初めての事で、判の並びが…

京都三弘法

25日の午前中、高野山にお礼参りした後、2巡目の挨拶に、京都の東寺へ行った。 会社の京都支店の近くだいう事を、最近、知った。 支店に行く時に、いつも降りる十条駅の前を通り過ぎ、東寺に向かった。 ↓木造では、日本一高い東寺の五重塔 ↓食堂【じきどう】…

高野山へお礼参り

昨年(2016年)、四国88ヵ所&別格20ヵ所の逆打ちを無事に終えることは出来たけど、積雪の心配して高野山のお礼参りに行けてなかった。 暖かくなってきたので、家族で高野山へ行ってきた。 24日(金)、仕事から帰り、早めに寝て、少し睡眠を取った後、23時に自…

番外霊場 杖杉庵

焼山寺への道の途中にある杖杉庵。 遍路を初めて始めた衛門三郎が、20回回っても、弘法大師に会えず、逆打ちしている時に、ココで弘法大師に会え、息絶えた場所 ここには納経所はありませんが、焼山寺の納経所で、ご朱印を頂けます。

御厨人窟

空海の名前の由来となった場所。気になっていたので立ち寄ってみました。 残念なことに、洞窟の中には入ることが出来ませんでしたが、同じ角度で、海と空だけの景色を見ることができました... 駐車場の横で、御朱印を頂けます。