タクボンのお遍路日記

お遍路の事を綴っていきます

お遍路、始めます

Ingress(Pokemon GOを作ったナイアンティック社が、それ以前にリリースしていたオンライン・位置情報ゲーム)の鬼Mission【四国88ヶ所霊場を1番から順番に廻る】で、とりあえず、霊場を、次から次へと廻っていった

そんな鬼Missionを進めていく中で、『60年に1度の丙の申年に、逆打ちで、ちゃんと、お遍路をしたい』という想いが、沸々と沸いてきた

ただ、やり方が分からない💦

初めは、ツアーとかに参加してみるのが良いかもと思いながら、色々、調べていたら
松山発の逆打ち1回目のバスツアー【88番 大窪寺、87番 長尾寺、86番 志度寺】が、昼ご飯も付いて、一人2千円台

安い!

自家用車で行くとしたら、松山からだと、往復の高速代、昼食代だけでも、十分、元は取れる
2回目からは6千円以上に設定されてるから、1回目は、宣伝の意味もあって安くしてるのかも?

どんなツアーがあるかは、ここから「心癒される巡礼の旅」で検索

早速、嫁の分も合わせて、二人分、申し込み

そう、今回は、嫁も一緒に廻ります
(今年の初め、義父が亡くなってから、時々、元気がないから、チラッと話してみると、意外に乗り気だった)

旅程が決まってから、色々、準備物を揃えようと思い調べ始めると、お遍路グッズって、けっこう、色々あって、面白い

ただ、鬼Missionの時に、普段着で霊場に行っていたら、お遍路姿の参拝者が多くて、逆に目立ったのもあって、本当は白衣を着たかったけど、嫁が渋るので諦めた

今回、準備したのは、輪袈裟、納経帳、念珠、さんや袋、札、ロウソク、線香、経本、風防ターボライター

1回目のバスツアーの後は、自家用車で廻るつもりだったから、菅笠、金剛杖は、買わなかった

納経帳は、水彩画入り

f:id:prodigal04:20170223220337j:image

鬼Missionで一度は廻ったけど、88ヵ寺も廻ると、各霊場の印象があまり残ってなかったから、水彩画があると、なんとなく思い出せるかなと思って、コレにした

今回は別格20霊場も廻るので、別格の納経帳も購入 


 

【追記】歩き遍路を始める時に、別の納経帳を用意した
120ページあるので、別格20ヶ寺もコレ1冊で御朱印を頂く事ができる。
土佐和紙を使用していて、金襴も美しいので、納経所の方に、よく声をかけらる
4番 大日寺さんは、この高知製本さんで製作した納経所を売っていることもあって、住職さんには 、一目で気づいて頂きました

 
納経帳に合わせて購入した同じ柄の200P御朱印
番外札所等の御朱印用に購入したけど、歩き遍路には重たく、途中から持ち歩かず、今は車遍路の時に持って行ってる。

f:id:prodigal04:20170223221619j:imagef:id:prodigal04:20170223221632j:image

風防ターボライターは、お遍路していた中で、一番役に立った

風の強い日は、ロウソクや線香に火を付けるのに苦労している人が多い中、ちゃちゃっと、終わらせることが出来る

しかも、ガスも充填出来るタイプ

こうやって、お遍路グッズを揃えていくのも、なかなか楽しい
あとは、バスツアーの日が来るのを待つのみ

↓その他のグッズについて 

ohenro.prodigal04.site