タクボンのお遍路日記

お遍路の事を綴っていきます

別格2番札所 童学寺[どうがくじ]

四国36不動尊霊場 11番札所

東明山 童学寺
本尊:薬師如来

 

『阿波志』等に伝える寺伝によれば、飛鳥時代行基が創建したという。
奈良時代末から平安時代にかけ空海が7歳から15歳まで当寺で書道や密教などを学び、『いろは四十八文字』を創作したと伝わる。その由緒から寺号を童学寺と称するようになったとされる。弘仁6年(815年)、空海が42歳のときに再び当寺を訪れて伽藍を整備し、自らが彫刻した薬師如来阿弥陀如来観音菩薩持国天毘沙門天歓喜天を安置したという。
童学寺の近くには「石井廃寺跡」(徳島県指定史跡)という奈良時代前期にさかのぼる寺院跡が存在し、これが童学寺の前身ともいわれている。石井廃寺跡からは、金堂、三重塔などの建物跡が検出されており、東に塔、西に金堂が建つ、法起寺式伽藍配置であった。
正和元年(1312年)津茂・松家両氏の発願により大規模な修繕が行われたことが、現存する棟札からわかっている。 天正年間(1573年 - 1592年)長宗我部元親の兵火を受けて全山焼失したが、元禄年間(1688年 - 1704年)に肥後の国より来錫した僧堪霊により再建された。 安政5年(1858年)昌平校教授であった安積信が童学寺の縁起を撰して碑文を建立している。
2017年3月25日午後5時30分頃、庫裏(住居兼台所)が火元とみられる火災が発生し、本堂及び庫裏などの建物が全焼。国の重要文化財に指定されている木造薬師如来坐像は運び出され無事だった。

【2016年 逆打ち 車遍路】

↓本堂

f:id:prodigal04:20170306195102j:image

↓大師堂

f:id:prodigal04:20170306195117j:image

f:id:prodigal04:20170306195133j:image

↓いろは大師

f:id:prodigal04:20170306195159j:image

御朱印

f:id:prodigal04:20170306195217j:image

御守りを購入すると、賽銭入れの接待を受けました。