タクボンのお遍路日記

お遍路の事を綴っていきます

歩き遍路 44日目 結願【日帰り】多和小学校前→88番 大窪寺→讃岐相生駅

多和小学校前[9:00]→88番 大窪寺[9:55]→長野屋[11:10]→中尾峠[12:00]→白鳥温泉[12:30]→東海寺[14:50]→讃岐相生駅[15:10]

drive.google.com

移動時間 5:07:12
停止時間 55:54
距離 29.8 km
平均スピード 時速 7.64 km
最高スピード 時速 8.17 km
累計登り 354m
累計降り 665m
歩数 40,627歩
温度 11°C
湿度 66%
風速 15 km/時 SW
累計移動距離 1,304.8km

おすすめの宿
八十窪:香川県さぬき市多和兼割103-5(TEL 0879-56-2031)

ホテル・旅館の口コミ人気ランキング【宿らん】

88番 大窪寺を打った後、1番に向かった後の帰りの事を考えて、JRオレンジタウン駅に車を停める

f:id:prodigal04:20181124013459j:image

列車ではなく、コミュニティバスで、大瀧寺大窪寺のルートの分岐点へ
f:id:prodigal04:20181124013620j:image

このコミュニティバス、乗ってみて、ビックリしたのが、社内アナウンスが無い

途中、大川バス本社で、10分ほど停車している間に、運転手さんに「多和小学校前」て降りる事を伝えておいた

バス停の場所は、目的の分岐点を、少し通り過ぎていたので、分岐点まで戻って、スタート
f:id:prodigal04:20181124013642j:image

スタートして、しばらく国道377号線を進む

緩やかなアップダウンの道だが、ダンプが多い
f:id:prodigal04:20181124013511j:image

周りの紅葉した山を眺めながら歩く

大窪寺は、紅葉が有名な札所なので、この時期、歩けたコトは、うれしい
f:id:prodigal04:20181124013606j:image
f:id:prodigal04:20181124013700j:image

旅館 野田屋 竹屋敷を過ぎた所で、左側の道に進んで、国道を離れる
f:id:prodigal04:20181124013815j:image

終始、舗装路だけど、こっちの道は、ダンプが走らないから、のんびり歩けた
f:id:prodigal04:20181124013737j:image

大窪寺の手前で勾配がキツくなる
f:id:prodigal04:20181124013602j:image
f:id:prodigal04:20181124013710j:image

登り坂を登りきった所で、大窪寺の仁王門が見えてきた
f:id:prodigal04:20181124013554j:image

大窪寺 仁王門

形が高野山の大門に似てる
f:id:prodigal04:20181124013733j:image

prodigal04.hatenablog.com

納経を済ませて、結願

ただ、自分は、この後、1番 霊山寺に向かう事もあって、終わった感が無い

大窪寺の本堂正面の二天門から出て、左折した後、道なりに、しばらく進んで、国道377号線に戻る

国道を下っていくと、道路標識のポールに右折の道標シール

「四国遍路ひとり歩き同行二人」では、しばらく直進だったから、油断してた
f:id:prodigal04:20181124013558j:image

右を見ると、折り返して降りていく道があったから、ソッチに進む
f:id:prodigal04:20181124013720j:image

下った後、少し進んだところから未舗装の道に変わる
f:id:prodigal04:20181124013507j:image

少し進むと開放感のある場所に出る
f:id:prodigal04:20181124013729j:image

その後、川沿いの道になる
f:id:prodigal04:20181124013723j:image

国道377号線に戻るが、すぐに左側の道へ
f:id:prodigal04:20181124013649j:image

細道を進むと、西教寺道の分岐

左に登って行くと西教寺に向かう

自分は直進
f:id:prodigal04:20181124013514j:image

国道377号線に戻って進んだ所に地蔵堂
f:id:prodigal04:20181124013713j:image

長野屋の前を通り過ぎたところで、右の裏道へ

トンネルを通るなら直進でもOK
f:id:prodigal04:20181124013518j:image

切幡寺ルートと東海寺(大坂峠)ルートの分岐点

東海寺ルートは左の細道入っていく
f:id:prodigal04:20181124013533j:image

細道から右の山道へ
f:id:prodigal04:20181124013802j:image

ココを左折して、峠に向かう
f:id:prodigal04:20181124013617j:image

峠へは柵を開けて入る

f:id:prodigal04:20181124013755j:image

初めから急勾配の道
f:id:prodigal04:20181124013624j:image

道は、更に急勾配になり、荒れ気味になる
f:id:prodigal04:20181124013822j:image

ココが峠

「四国のみち」にもなってるから、綺麗なベンチが設置されてた
f:id:prodigal04:20181124013809j:image

下りの最後は、かなりの急勾配のコンクリートの道
f:id:prodigal04:20181124013749j:image

舗装路に戻って、すぐ左折して中尾峠に進む
f:id:prodigal04:20181124013806j:image

中尾峠を越える所で、右折して山道へ
f:id:prodigal04:20181124013819j:image

とても整備されていて歩きやすい
f:id:prodigal04:20181124013707j:image

舗装路に戻る所に犬がいた

ココから、しばらく、犬が先導

自分が追いつくのを待ってから、先に走っていき、また待ってる

しばらく、これを繰り返し
f:id:prodigal04:20181124013537j:image

後ろから車が来て、通り過ぎた後、先導してた犬は、どこかに行ってしまった
f:id:prodigal04:20181124013541j:image

白鳥温泉が見えてきたと思ったら、右折の道標シール

ココも「四国遍路ひとり歩き同行二人」では直進だったので、ビックリした

歩き遍路で使ってるYAMAPのデータの方が正確
f:id:prodigal04:20181124013653j:image

白鳥温泉の駐車場の脇道を左折して進む
f:id:prodigal04:20181124013630j:image
温泉施設の中を通っている間に、たぶん道を間違えた

大きな橋の下の道を通り、一段下の小さな橋を渡るのが遍路道
f:id:prodigal04:20181124013740j:image

與田寺ルートとの分岐点

與田寺へは、左折

町中を歩くより、田舎道を歩きたかったから、自分は直進

f:id:prodigal04:20181124013456j:image

自動車道の下を潜る手前で右折して、裏道を進む
f:id:prodigal04:20181124013613j:image

ジェイテクトの工場の手前を左折して、JR高徳線を横切り、東海寺へ
f:id:prodigal04:20181124013646j:image

東海寺から再び裏道に戻り進むが、時間的に、明るいうちに大坂峠を越えられそうになかったから、手前の讃岐相生駅で、15時過ぎに打ち止め
f:id:prodigal04:20181124013743j:image

時刻表を見ると、次の高松方面の列車は、16時52分

2時間近くある・・・
f:id:prodigal04:20181124013544j:image

乗り換え案内で調べると近くのバス停から引田駅に向かうと、1時間程度、早く戻れそう

f:id:prodigal04:20181124013637p:image

バス停に向かうと、反対方面のバス停はあるけど、引田駅方面のバス停が見当たらない

結局、見つけられず、徳島バスに電話してみると、反対方面のバス停の向かい側で待って、バスが来たら手を上げて乗る意思を示せば停車するとのコト
f:id:prodigal04:20181124013551j:image

引田駅でバスから列車に乗り換え

オレンジタウン駅に向かい、車で帰宅