タクボンのお遍路日記

お遍路の事を綴っていきます

新四国曼荼羅 44番 長楽寺

新四国曼荼羅霊場 44番

山号栴檀
宗派:真言宗智山派
本尊:阿弥陀如来
所在:愛媛県松山市西垣生町1250 

寺伝によれば天平宝宇四年 ( 760 ) の創立にして、

上古は門末寺院十一ヶ寺の本寺であった。

当初は東寺宝菩提院の末につらなっていたが、中古天正年間兵乱のために焼亡し、

更に正徳五年 ( 1715 ) 大洪水のために本寺末寺ともに流没す。

当時の住職元誉法印が本尊阿弥陀三尊を捜し求めて中津の橋下で発見、

寺を再興す。現在地に再建されたのは、十年後の亭保十年 ( 1725 ) である。

境内には伊予かすり創始者、鍵谷カナ女史と俳人村上霽月の墓所がある。

山門前には大日堂があり、堂内には大日如来が安置されている。

f:id:prodigal04:20190120004537j:image
f:id:prodigal04:20190120004522j:image
f:id:prodigal04:20190120004518j:image
f:id:prodigal04:20190120004528j:image
f:id:prodigal04:20190120004515j:image
f:id:prodigal04:20190120004511j:image
f:id:prodigal04:20190120004525j:image
f:id:prodigal04:20190120004532j:image

f:id:prodigal04:20190120004648j:image

御朱印

f:id:prodigal04:20190120004357j:image