タクボンのお遍路日記

お遍路の事を綴っていきます

新四国曼荼羅 43番 蓮生寺

新四国曼荼羅霊場 43番

山号:青龍山
宗派:真言宗醍醐派
本尊:十一面観世音菩薩
所在:愛媛県松山市猿川原甲289

延長元年(923年)、第60代醍醐天皇のとき、真如親王が来浴の際、この「花垣の里」に一堂を建立して善弘寺と称したもので、その後、河野通信が再興した寺院である。『伊予温故録いよおんころく』に、「延長年間真学僧正が開祖し、正保2年(1645年)に快真がこれを中興して現在に至る」と記録されている。

5月上旬頃、旧暦のお釈迦様の誕生日に「花まつり」が1982年から毎年行なわれていて、三日間、ぼて茶や精進料理を参拝者に振る舞っている。

 

本堂

f:id:prodigal04:20190120000922j:image

御朱印

f:id:prodigal04:20190120000815j:image