タクボンのお遍路日記

2016年、車で逆打ちで遍路。2017~2018年、休日歩き遍路で結願した時の記録を残しています

新四国曼荼羅 29番 明正寺

新四国曼荼羅霊場 29番

山号:龍宝山
宗派:真言宗善通寺派
本尊:聖観音菩薩
所在:愛媛県新居浜市黒島二丁目7-70

1200年前、斉明天皇と大田姫(大海人皇子の妃)が船で九州行幸の途中、黒島沖で姫が産気ずかれこの地に上陸、黒島神社に祈念すると皇女を出産された。その約60年後越智氏により西法寺が当地に建立され黒島神社とともに、安産祈願の寺になる。その後、寛永20年に高野山龍光院を通じて明正天皇の病気平癒祈願の祈祷を修するよう命令が下り、その時より明正寺と改められる。 文化5年の大火により全山焼失するも、明正天皇の尊儀(位牌)と本尊および数点の寺宝が持ち出された。

 

新居浜の海の近くにある明正寺
f:id:prodigal04:20190601062204j:image
本堂
f:id:prodigal04:20190601062158j:image
f:id:prodigal04:20190601062201j:image
薬師堂
f:id:prodigal04:20190601062154j:image
新四国曼荼羅霊場御朱印
f:id:prodigal04:20190601062150j:image