タクボンのお遍路日記

お遍路の事を綴っていきます

新四国曼荼羅 24番 宗林寺

新四国曼荼羅霊場 24番

山号無量寿
宗派:真言宗大覚寺派
本尊:阿弥陀如来
所在:香川県観音寺市豊浜町大宇和田浜1289

宗林守は鎮守ノ森を境にしてあった。
平地の境内に白衣観音像が屹立し、台座に平和観音と刻む。作者は長崎に平和像を彫刻した北村西望その人である。
これは「四国古寺を往く」の一節であるが、社会の静さは万人が望むところ。阿弥陀仏誓願に、光青二無量ノ願がある。 これは際限ない仏の光明と無量において、衆生を救う因願であ るが、観音菩薩は慈悲門を司るという。
そういえばこの寺の本尊は阿弥陀如来である。白衣観音は脇侍が出世し、利益応化の姿を現すのか。曽遊に際して実感した。 秘仏不動明王毘沙門天地蔵菩薩像を安置し、護摩堂に五智如来を奉安したのも稀である。こうした祈りの原形を東寺に留める。真云口密教の正鵠を表すものといえよう。
豊浜町史に、和銅年間(708)行基菩薩が開山したことを書す。鎌倉時代に北条執権の崇信があった神仏習合の古寺である。

豊浜八幡神社の参道に面した門から入ると、左手に本堂があり、本堂の南東側に平和観音の像が安置されている。また、北側には豪壮な庫裡がある。香川県の保存木に指定されているクロガネモチは、その庫裡の入り口近くに立っている。
樹皮には傷痕の盛り上がったコブ状の突起が多い。また、枝葉は四方に広がっており、樹形のよく整った見事な巨木である。なお、ここで指定されているクロガネモチは雄株のため、実はつけない。ちなみに雌株は山門の南にあり、冬になると真紅の実をつける。

山門
f:id:prodigal04:20190601063050j:image
平和観音
f:id:prodigal04:20190601063058j:image
本堂
f:id:prodigal04:20190601063046j:image
駐車場から見える塔には行き方が分からなかった
f:id:prodigal04:20190601063052j:image
新四国曼荼羅霊場御朱印
f:id:prodigal04:20190601063055j:image