タクボンのお遍路日記

お遍路の事を綴っていきます

新四国曼荼羅 61番 定福寺

新四国曼荼羅霊場 61番

山号:粟生山
院号歓喜院
宗派:真言宗智山派
本尊:阿弥陀如来
所在:高知県長岡郡大豊町粟生158

寺伝では、聖武天皇の勅願により行基神亀元年(724年)に開山されたとされている。本尊の阿弥陀如来の脇には薬師如来地蔵菩薩が安置されていて、いずれも仁平年間(1151年 - 1153年)に作られた。往時の境内には、本堂・仁王門・鐘楼堂・11面観音堂・教院など諸堂が12あり、仁王門の下には大門があったとある。また西光寺が現在の東土居にあり、東の坊・中の坊など坊が定福寺の近辺にあり、現在でも屋号としてそれらは残っている。

f:id:prodigal04:20190604183729j:image
f:id:prodigal04:20190604183719j:image
f:id:prodigal04:20190604183812j:image
f:id:prodigal04:20190604183723j:image
f:id:prodigal04:20190604183737j:image
f:id:prodigal04:20190604183726j:image

門をくぐると庫裡でもある大師堂があり、その入口脇に納経所がある。
f:id:prodigal04:20190604183740j:image
f:id:prodigal04:20190604183742j:image

駐車場の前に熊野神社の鳥居と社殿があり、その向こうを数段上がると本堂がある。

f:id:prodigal04:20190604183410j:image
f:id:prodigal04:20190604183418j:image
新四国曼荼羅御朱印
f:id:prodigal04:20190604183414j:image