タクボンのお遍路日記

2016年、車で逆打ちで遍路。2017~2018年、休日歩き遍路で結願した時の記録を残しています

新四国曼荼羅 18番 善性院

新四国曼荼羅霊場 18番

山号:七宝山
宗派:高野山真言宗
本尊:薬師如来
所在:香川県三豊市詫間町詫間3676

荘内半島の頭に位置した詫間は、海岸美に富み、そこかしこに浦島太郎の伝説がある。その昔、政治・経済の中心地として栄えた集落に善性院がある。地元ではセ福即生、走り大黒天の信仰が喧伝されていた。秘仏の像容からだろう。今にも走り出そうとすることから生じた。仏の願意に、神足通ノ願がある。
当寺の開基を行基菩薩という。竜光寺と称し、本尊に薬師三尊を安置する。戦国時代にこの地を領した詫間氏の菩提寺として栄えたが、これもそう長くは続かなかった。修羅没義道を推輓した長曽我部氏の兵火に焼失し、光を放った法城も焦土と化した。栄枯盛衰は世の常とはいえ、あまりの無情に失意したという。再建は江戸期に入ってからであった。
境内に山門、本堂、護摩堂、大黒天堂がある。瞠目したのが内陣の祭壇である。諸尊が唐木の宮殿内に納められている

駐車場から進むと門がある

f:id:prodigal04:20190609103357j:image

本堂で、上がらせて頂いて納経

反対側に山門がありました
f:id:prodigal04:20190609103354j:image

新四国曼荼羅 御朱印

f:id:prodigal04:20190609171303j:image