タクボンのお遍路日記

お遍路の事を綴っていきます

新四国曼荼羅 56番 石見寺

新四国曼荼羅 56番
四国88ヶ所霊場 39番 元札所

山号浄瑠璃
院号東光院
宗派:真言宗豊山派
本尊:薬師如来
ご詠歌:いくたびも まいるこころは 石見寺(いしみでら) 瑠璃の光も あらたなるらん
住所:高知県四万十市安並4288

往古は四国八十八ケ所霊場の随一であり第39番札所であったが城下に遍路が入るのを嫌い札所を返上したと伝えられる。また、一条氏の時代には、この寺を比叡山延暦寺にみたてた鎮守寺であった。 縁起によれば、創建は大同年間と記されている。旧中村市を一望出来る場所にあり、山内一帯に、ミニ八十八ケ所があり桜の名所である。

かなり急勾配の登り坂を登ったところの駐車場から階段の上に山門
f:id:prodigal04:20190825200117j:image
山門
f:id:prodigal04:20190825200105j:image
立派な本堂
f:id:prodigal04:20190825200229j:image
大師堂
f:id:prodigal04:20190825200121j:image
ぼけ封治榎地蔵
f:id:prodigal04:20190825200114j:image
f:id:prodigal04:20190825200110j:image
f:id:prodigal04:20190825200102j:image
f:id:prodigal04:20190825200145j:image
大師堂
f:id:prodigal04:20190825200059j:image
納経所
f:id:prodigal04:20190825200141j:image

御朱印

f:id:prodigal04:20190831092050j:image