タクボンのお遍路日記

お遍路の事を綴っていきます

「道の駅 ながお」から女体山経由で88番 大窪寺へ

歩き遍路の時は、別格20番 大瀧寺に行く事もあって、旧へんろ道(③→②のルート)を選択したけど、初めてのお遍路(バスツアー)の時に先達さんが、「大窪寺に行くのは2つのルートがあって、女体山を通るルートの方が好きだ」と言っていたのが、ずっと気になっていて、いつか女体山ルート(④のルート)を歩きたいと思っていました

f:id:prodigal04:20190917070632j:image

ゴールの大窪寺の駐車場に車を止めて、10時発の志度寺行きのコミュニティバスに乗車 「道の駅 ながお」でバスを降りて、女体山ルートで大窪寺へ向かいます

f:id:prodigal04:20190916190917j:image

緩やかな上りの県道を進むと「来栖」のバス停が見えてくる
f:id:prodigal04:20190916191116j:image

「来栖」を過ぎたところを左下に進むと、来栖神社経由の女体山ルート(④)に合流する事が出来る
f:id:prodigal04:20190916190721j:image

ココは折り返さず、直進の細い方の道へ
f:id:prodigal04:20190916190730j:image

しばらく、川沿いの舗装路を進みます
舗装路でも、車は、ほとんど通らないので、穏やかに気分で、気持ちよく歩けた
f:id:prodigal04:20190916191035j:image

ココは右折
f:id:prodigal04:20190916191157j:image

来栖神社の前を通過
f:id:prodigal04:20190916190749j:image

舗装路が続くが木陰の道なのでツラくはない
(基本的に舗装路を歩くのは嫌いです)
f:id:prodigal04:20190916190809j:image

この先の「四国のみち」の標識の場所から川の方へ下る
f:id:prodigal04:20190916191046j:image

「四国のみち」の標識
f:id:prodigal04:20190916190935j:image
f:id:prodigal04:20190916185343j:image

川のすぐ横の細道を歩く
涼しくて気持ちが良い
f:id:prodigal04:20190916190838j:image
f:id:prodigal04:20190916190922j:image

この先で、一度、舗装路に戻ります
f:id:prodigal04:20190916190904j:image
f:id:prodigal04:20190916191119j:image

地図では川沿いを進むようになっていたので直進かと思ったら、一度、橋を渡ります
f:id:prodigal04:20190916191110j:image

橋を渡った後、すぐに右折して川の反対側を歩きます
ここからは山道
f:id:prodigal04:20190916191223j:image
f:id:prodigal04:20190916191124j:image

思っていたより登りが続く
f:id:prodigal04:20190916190822j:image

一度、コンクリート舗装の道に出るが、すぐに山道へ(直進)
f:id:prodigal04:20190916191218j:image

山道をドンドン上がり標高を上げていきます
f:id:prodigal04:20190916191059j:image

ココで舗装路に出ます
f:id:prodigal04:20190916191106j:image

しばらく舗装路が続く
舗装路といっても、かなり細く荒れてるf:id:prodigal04:20190916191055j:image

比較的綺麗なベンチがあったので、ココで一休み
「四国のみち」は、標識や休憩する場所が整備されているのが嬉しい点
ココから右上の道へ進みます
入口には三角コーンで、ここから先は車で進めないとの注意書き
f:id:prodigal04:20190916191130j:image

道は、台風や豪雨の影響で、荒れ気味
f:id:prodigal04:20190916190851j:image

一度、沢に降りて、反対側の階段を登る
雨天時や雨天の翌日は、注意が必要かも
f:id:prodigal04:20190916191020j:image

ココからは、ひたすら登ります
f:id:prodigal04:20190916190829j:image

峠を越えて、一度、下ります
f:id:prodigal04:20190916190826j:image

上から見ると、結構な下り
f:id:prodigal04:20190916190929j:image

向こう側に見えるのか、目的の女体山
f:id:prodigal04:20190916191214j:image

下った後、舗装路に出る
左折して舗装路を上る
f:id:prodigal04:20190916191015j:image
f:id:prodigal04:20190916190938j:image

舗装路に出たところにあった「太郎兵衛の話」
f:id:prodigal04:20190916191006j:image

f:id:prodigal04:20190916190855j:image

舗装路を進むと「古大窪」の説明
f:id:prodigal04:20190916190718j:image

右にある女体山への登山道に進みます
f:id:prodigal04:20190916191002j:image
f:id:prodigal04:20190916191207j:image

川沿いの山道で、土が流されて道幅が狭くなってた
f:id:prodigal04:20190916190738j:image
f:id:prodigal04:20190916185326j:image

一度、舗装路に出る
f:id:prodigal04:20190916191031j:image

すぐに左側に登山道の続き
f:id:prodigal04:20190916190752j:image
f:id:prodigal04:20190916191211j:image

橋の横に立つ「へんろみち保存協会」の棒には上向きの矢印が貼られていたが、直進の道は無い
この橋を渡るのが正しい
f:id:prodigal04:20190916190834j:image

渡ってすぐに、上への階段
進んだ後分かったが、元々は直進だったのが、道が崩れたので、上に迂回路を設けていた
f:id:prodigal04:20190916190735j:image
f:id:prodigal04:20190916191409j:image
f:id:prodigal04:20190916191227j:image

階段を降りて、振り返ると斜面をコンクリートで固めていた
f:id:prodigal04:20190916190955j:image

視界が少し開けた場所にベンチがあったので、ココで一休み
地図を確認すると、女体山山頂まで、あと少し
f:id:prodigal04:20190916190818j:image

ベンチに座り、進む方を見るとこんな感じ
しばらく休んでいると、物音がして、木陰になって見えにくくなっている場所に人影が見える
この先は、岩場になっていた
f:id:prodigal04:20190916185323j:image

ベンチから腰を上げて、進むと木陰で見えなかった岩場が見えてきた
f:id:prodigal04:20190916191201j:image

手で岩を掴みながら進む
f:id:prodigal04:20190916190841j:image

山頂の手前は、こんな感じ
f:id:prodigal04:20190916185334j:image

岩場を登り切ると「女躰宮」の祠
f:id:prodigal04:20190916190800j:image
f:id:prodigal04:20190916185339j:image

女体山山頂からの眺め
f:id:prodigal04:20190916190951j:image

山頂の岩の横を通り抜けて裏側へ
f:id:prodigal04:20190916191135j:image

ココにも休憩所があった
さっき休んだばかりなので、ココはスルー
大窪寺の方へ下っていきます
f:id:prodigal04:20190916191150j:image

初めは階段、すぐに山道に変わる
f:id:prodigal04:20190916190727j:image

ココの歩道を横切り反対側の続きへ
f:id:prodigal04:20190916185331j:image

少しだけ登って、後はひたすら下る
f:id:prodigal04:20190916191154j:image

階段の下りが、ずっと続くので、膝が笑い出す
f:id:prodigal04:20190916191052j:image

一度、緩やかになるけど、それもつかの間
f:id:prodigal04:20190916191139j:image

すぐに階段になる
f:id:prodigal04:20190916191011j:image

奥の院への分岐点
右折して、奥の院に向かいます
f:id:prodigal04:20190916191043j:image

この辺りから参拝者がちらほら
みなさん、大窪寺側から登ってきたようです
500mほど進むと、下の方に奥の院 胎蔵峯寺
この小屋が本堂
中を見る事は出来ませんでした
f:id:prodigal04:20190916190912j:image

ohenro.prodigal04.site

奥の院の分岐点まで戻り、そこからもひたすら階段を降りると、大窪寺の境内に出ます
f:id:prodigal04:20190916191405j:image

出てきた場所から本堂の方を見ると、後ろに見えるのが東女体山
左の西側に見えるのが、越えてきた女体山(あまり写ってない・・・)
f:id:prodigal04:20190916191204j:image

奥の院御朱印
f:id:prodigal04:20190916190932j:image