タクボンのお遍路日記

2016年、車で逆打ちで遍路。2017~2018年、休日歩き遍路で結願した時の記録を残しています

新四国曼荼羅 8番 西教寺

新四国曼荼羅 8番 西教寺

山号:花生山
宗派:真言宗善通寺派
本尊:阿弥陀如来
住所:香川県さぬき市大川町富田東1809

西教寺は、奈良時代末期に行基菩薩が開創され、弘法大師が建立された寺
西教寺の北の火山の中腹に奥ノ院という場所があり、自然石で出来た凝灰岩に薬師如来の半身が彫ってある
通称、この石仏は磨涯佛と呼ばれている
磨涯佛は弘法大師が修行の途中、当山奥ノ院に立ち寄られ,一夜建立の祈願をかけ,薬師如来像を彫っていたところ、天の邪鬼が悪戯をし、夜が明けていないのにも関わらず鶏の鳴き声をまねて、鶏鳴を発してしまった
そこで、一夜建立の祈願がむなしく破れたと勘違いした弘法大師は、薬師如来を途中彫り差しのまま大窪寺へ向かわれたという

f:id:prodigal04:20200114222855j:image
↓山門
f:id:prodigal04:20200114222852j:image
↓本堂
f:id:prodigal04:20200114222906j:image
f:id:prodigal04:20200114222915j:image
↓大師堂
f:id:prodigal04:20200114222918j:image
f:id:prodigal04:20200114222845j:image
↓厄除修行大師像
f:id:prodigal04:20200114222859j:image
f:id:prodigal04:20200114222849j:image
↓納経所
f:id:prodigal04:20200114222911j:image
御朱印
f:id:prodigal04:20200114222903j:image