タクボンのお遍路日記

2016年、車で逆打ちで遍路。2017~2018年、休日歩き遍路で結願した時の記録を残しています

新四国曼荼羅 7番 白鳥神社

新四国曼荼羅霊場 7番

主祭神:日本武尊
住所:香川県東かがわ市松原69

能褒野(三重県亀山市)で戦死し葬られたのち、白鳥となって飛び去った日本武尊の霊が舞い降りた、という伝説が残る。当地に降りた白鳥は間もなく死んだため、日本武尊の子である武鼓王が廟を建て手厚く葬ったという。白鳥神社はこの時に始まるとされている。

寛文4年(1664年)に高松藩初代藩主・松平頼重が朱印地200石を当社へ寄進して再興、以後は天領となった。明治5年(1872年)に県社に列格される。

鳥居
f:id:prodigal04:20200114222623j:image
↓一の門
f:id:prodigal04:20200114222558j:image
↓その奥に鶴門
f:id:prodigal04:20200114222610j:image
↓拝殿
f:id:prodigal04:20200114222614j:image
f:id:prodigal04:20200114222601j:image
f:id:prodigal04:20200114222608j:image
f:id:prodigal04:20200114222604j:image

f:id:prodigal04:20200118213646j:image
f:id:prodigal04:20200114222620j:image

↓御朱印
f:id:prodigal04:20200114222639j:image