タクボンのお遍路日記

2016年、車で逆打ちで遍路。2017~2018年、休日歩き遍路で結願した時の記録を残しています

新四国曼荼羅 60番 閑慶院(かんけいいん)

新四国曼荼羅霊場 第60番

山号:吉峰山
宗派:曹洞宗
本尊:阿弥陀如来
ご詠歌:童謡の調べに和する鐘の音は 吉あり慶あり道ひらくてら
住所:高知県安芸市井ノ口乙2029

創建年代は明らかではないが、永録年間(1558~70)浄貞寺三世昌岩天久大和尚を勧請してご開山とした。
幕末維新後、大政官布告(明治初年)による廃仏没釈風潮の高まり に、県下寺院のほとんどが廃寺となり当寺も例外ではなかった。 時の住職泰心和尚が死守やがて檀徒岩崎家(三菱創業)の興隆を背景に大本山永平寺第六十―世環渓密雲禅師を復立開山に拝請し明治十六年三月大本山水平寺御直末寺院として再興のスタートをき った。 岩崎美和刀自(弥太郎・弥之助の母)の死(明治三十年三月) 弥太郎十七回忌にあたり追善供養のため、本堂・鐘楼堂・山門建立資金が寄進され明治三十四年に現在の堂宇ができあがった。
初代凡鐘の供出・終戦・農地解放等々幾多の困難を岩崎家はじめ檀信徒各位のご協力により克服凡鐘再鋳・堂宇修復を重ね現在にいたっている。

入口にあった樹齢600年の椋(むく)の木
f:id:prodigal04:20200921234051j:image
f:id:prodigal04:20200921234057j:image
本堂
f:id:prodigal04:20200921234100j:image
f:id:prodigal04:20200921234054j:image

御朱印
f:id:prodigal04:20200922165851j:image