タクボンのお遍路日記

2016年、車で逆打ちで遍路。2017~2018年、休日歩き遍路で結願した時の記録を残しています

新四国曼荼羅 59番、32番 奥の院 薬師寺

新四国曼荼羅 59番 薬師寺
32番 奥の院 岩屋観音堂

山号:岩屋山
宗派:真言宗豊山派
本尊:薬師如来
ご詠歌:みな人の 病みぬる年の 薬師寺 瑠璃のくすり あたえめしませ
住所:高知県高知市介良丙1832

平安時代末期、平治の乱で敗れ土佐国介良荘に流罪となっていた源希義が、同母兄頼朝の挙兵により平家より謀反の嫌疑をかけられ討たれた。希義の師であった琳猷上人は、その死を悼んで寺院を興し希義の念持仏を安置したといわれる。これが当寺院の始まりであると伝えられている。

岩屋観音堂 : 本堂の段を更に約20分ほど登った山頂近くにあり、このお堂は四国八十八箇所 第32二番札所 禅師峰寺 奥の院とされている。本尊は十一面観世音菩薩。

平地にあると思いこんで、近くになっても建物が見当たらず、しばらく付近をウロウロ

少し離れた場所から山を見ると上の方に続く階段と建物が見えて、納得

下の駐車場に車を停めて、長い階段を登る
f:id:prodigal04:20200921234522j:image

登りきった所に、厄除修行大師像
f:id:prodigal04:20200921234526j:image

本堂
f:id:prodigal04:20200921234515j:image
f:id:prodigal04:20200921234519j:image

新四国曼荼羅の御朱印
f:id:prodigal04:20200922165821j:image